北欧と言うとサンタクロースの本場というイメージがあり、

クリスマスもさぞ賑やかなのだろうと想像しますが、

実際に北欧のクリスマスは私たちがイメージするものと少し違うようです。

クリスマスツリーも、私たちが見慣れたものとは少し違いがあります。

北欧のクリスマスがどんなものかを参考にして、

今年は北欧風のクリスマスを過ごしてみませんか?


北欧風クリスマスツリーおすすめ集☆

北欧のクリスマスってどんな感じ??

スクリーンショット 2014-09-22 10.56.30
(出典http://hoshiikamotimes.blogspot.jp)

 

北欧ではクリスマスのことをユールと言います。

ユールはキリスト教が伝来するよりも前から、冬至の頃に行われていたお祭りのことです。

それが今でも北欧ではクリスマスのことを指すようになりました。

 

北欧と言えばサンタクロースの本場であると思いがちですが、

北欧ではサンタクロースはクリスマスの主役ではありません。

ユール・トムテやユール・ニッセと呼ばれる妖精が、

サンタクロースのような存在と考えられています。

 

北欧のクリスマスには七面鳥の料理ではなく、ユールシンカという豚のハム料理が食べられます。

また今でもクリスマスケーキとして作られている薪型の『ブッシュ・ド・ノエル』は、

クリスマス前夜から十二夜まで焚かれた薪、ユール・ログの名残と考えられています。

 

日本の入ってきているのはアメリカ式のクリスマスであり、

北欧のものとは随分と違うことがわかりますね!!

 

 

北欧のクリスマス風景

スクリーンショット 2014-09-22 11.00.05
(出典http://www.nettravel-jp.com)

 

北欧ではクリスマスの準備を3週間前から始めます。

ほとんどが手作りのものを家族で作って揃えていくので、

家族の絆も深まっていきます☆

 

まずはニッセの飾りを家のあちこちに飾ることから始め、

クリスマスまでカウントダウンしていきます。

 

おなじみの樅の木のツリーは23日までは出されません。

23日までは簡単な木のツリーを作って飾ります。

スクリーンショット 2014-09-22 10.58.08
(出典http://img2.allabout.co.jp)

 

クリスマスにはデコレーションケーキよりもチョコレート菓子や焼き菓子を作ります。

23日に樅の木のツリーを飾ったら、

そこにお菓子を詰めたハートの飾りを取り付け、24日に家族みんなで食べます☆

 

日本のクリスマスとは全く違う印象ですが、

家族で静かに過ごすクリスマスという感じで、これが本来の姿なのでしょうね!!

 

この動画は北欧フィンランド、ヘルシンキのクリスマスシーズンの様子です。

クリスマスシーズンなのに日本よりも静かで、とにかく寒そうです。w



 

 

日本でも北欧気分のクリスマスツリー

北欧では、日本でもお馴染みの樅の木を使ったツリーは12月23日までは飾りません。

それまでは木で作ったオブジェのようなツリーを飾ります。

そのツリーにも飾りをつけることができますので、

クリスマスツリーらしく華やかな感じにすることができます。

スクリーンショット 2014-09-22 11.03.42

lovi│ロヴィ [Christmas Tree]60cm 木製クリスマスツリー オブジェ 北欧雑貨【RCP】02P20Sep14

こういう感じのツリーはおしゃれで、

一年中オブジェとして置いておくことができますね☆

 

 

こちらは、同じツリーのミニサイズです。

可愛くておしゃれで、プレゼントにピッタリですね。

スクリーンショット 2014-09-22 11.06.58

lovi│ロヴィ [Mini Christmas Tree]北欧 クリスマスツリー 12cm北欧雑貨【RCP】P12Sep14

 

 

このタイプのツリーは、北欧では12月23日からお目見えします。

北欧風にするには、ハートの飾りをいっぱいつければ良いですね。

飾りがついていないツリーですので、自分だけの飾り付けを楽しむことが出来ます。

スクリーンショット 2014-09-22 11.12.41

クリスマス クリスマスツリー 飾り オーナメント 装飾♪270cmスタンダードヌードツリー