インフルエンザの予防接種を受けると、たまに身体が熱っぽくなったり、

接種した箇所が赤く腫れたりすることがありませんか??

予防接種を受けた時に、激しい運動をしないように、

接種した箇所をかきむしらないようにと言われるのも、何か気になってしまいますね。。。

 

予防接種を受けると、なぜ腫れてしまうことがあるのか、

そんな時はどうしたら良いのか、対処法もまとめて紹介します!!


インフルエンザ予防接種の副作用で腫れる??

スクリーンショット 2014-12-10 11.52.05
(出典http://ixil.info)

 

インフルエンザ予防接種でよくある副作用

副作用は『副反応』とも呼びます。

インフルエンザの予防接種では、接種後も全く変わりがない人が多いのですが、

中には接種したことによって何らかの変化を起こす人もいます。

 

よくある副反応は、

■接種した場所が赤くなる

■発熱

■頭痛

■身体のだるさ

。。。などがあります。

 

接種した部分が赤くなるというのは、どんな予防接種の時にも起こりうることですので、

それほど気にする必要はなさそうです。

腫れが大きく広がってしまった場合は、腫れを取る薬を使うことがあります。

 

発熱や頭痛、身体のだるさは、2、3日経てば治まることが多いようです。

副反応が起こる確率は全体の約10%~20%の確率になることが多いようですね!!

 

 

 

予防接種後の腫れについて

スクリーンショット 2014-12-10 11.50.45

インフルエンザの接種後に赤くなることは、よくあることです。

少し腫れてくることも、よくあることです。

 

接種した日は、お風呂に入るのは大丈夫ですが、

『接種した所をかきむしったり、激しい運動をするのを控えるように』

と言われることが多いと思います。

接種した箇所は、たまに痒くなってしまうこともあるようですが、

ここは我慢してかきむしらないようにしないといけませんね。

 

ほとんどの症状は2~3日経てば治まってきますので、

あまり気にする必要はないことが多いです。

少しの腫れであれば、冷やすことで炎症が治まることもあります。

しかし、肘を超えて腫れが広がってしまった場合は、治療したほうが良いようです!!

 

 

 

原因と対処法とは??

スクリーンショット 2014-08-17 17.09.22

インフルエンザの予防接種を受けて、

赤く腫れたり痒くなったりするのは、比較的よくあることです。

 

その原因として考えられるのは、身体が抗体を作ろうと作用しているためだと言えます。

またインフルエンザは卵アレルギーがある人は接種することを勧められません。

問診票にも卵アレルギーがあるかどうかを申告しなければなりませんが、

それはワクチンの原料に卵が含まれているからです。

そのためにアレルギーを引き起こして痒みなどを生じてしまうからなのです。

 

痒みや腫れの対処法は、とりあえずは冷やしてみましょう!!

それで2~3日経っても腫れが治まらず、大きく広がってしまうことがあれば、

病院で腫れを治める治療が必要になってきます。

 

インフルエンザの予防接種を受ける前に、

インフルエンザのことを知っておくことも必要ですね!!